前日は約4チャンスにかけて、炎天下の中木を下回

前日は約4チャンスにかけて、炎天下の中木を下回

前日は約4チャンスにかけて、炎天下の中木を下回る手続きを通していました。木は、くすの木だ。こういうくすの木枝が極めて別れていました。でも念入りに弟が上で切ってくれていました。木を下回るは、イコール、木の枝葉が落ちるということになります。落ちた木の枝は住宅の土地を含めて、みっつの土地に散らばりながら落ちました。その散らばった枝葉を弟といった僕で、住宅の敷地内に引きずり込んだりしました。ただ、普段着殆ど手伝わない僕が手続きに加わったので、「短く手続きを済ませることができたわ。一人ではこれだけ、短い時間でできてなかったわ。」とも言っていました。世の常、ひとりであれば、一年中で取りやめるような手続きではなかっただろうと僕誇りも感じました。ただ、木の枝を軍手をはめてではありますが、折っていた点、木ももっぱら、折られ積み重ねるという感じではなく、反撃されました。次いで親指に小気味よい青タンができたりしました。その青たんは一気に治ったのでよかったです。スタミナ疲れや外傷も一部分ありましたが、一気に癒える身体でよかったです。育毛剤の人気ランキング